キャラクター図鑑

すみっコぐらしの「ぺんぎん?」はかっぱなの? その秘密は公式グッズに??

すみっコぐらしのキャラクターには、ペンギンが2種類います。「ぺんぎん?」と「ぺんぎん(本物)」です。

ぺんぎん?のほうは、「実はカッパじゃないの!?」という疑問がありますが、実際にはどうなのでしょうか。

この記事ではぺんぎん?の正体に迫ります。

花なまこ。
なまこが解説するで!

「ぺんぎん?」とクエスチョンマークまで含めて、全部が名前のようです。発音は「ぺんぎん」という時と同じで、語尾が上がりません。

すみっコの公式サイト・書籍での説明は?

『すみっコぐらし大図鑑(改訂版)』によると、ぺんぎん?は……

自分は ぺんぎん? 自信がない。 昔は あたまに おさらが あったような…。 自分が なにものか さがす日々。

『すみっコぐらし大図鑑』(主婦と生活社)

と説明されています。ぺんぎん?は、すみっコたちの中でも特に「自信がない」とされるキャラクターですが、

  1. 昔は頭にお皿があった
  2. きゅうりが大好物
  3. 昔は川で流れていたような…

と「実はかっぱだったんだ!」という背景を連想させるような説明も。ただし、すみっコぐらしの公式サイトでは、一切「ぺんぎん?の正体はかっぱです」と明記されていません。

公式サイトを検索しても「かっぱ」の3文字は出てこない

Googleのサイト内検索機能を使って、すみっコの公式サイト内に「かっぱ」の3文字がないか検索してみました。

その答えは「ない」でした

すみっコの公式サイトには「かっぱ」や「カッパ」という文字自体が、どこにも掲載されていないのです。

実はぺんぎん?の頭にお皿が載っているグッズがある!?

実は、「てのりぬいぐるみ すみっコのひみつ編」には、上の写真のように「ぺんぎん?だけど頭にお皿が載っていて、どう見てもかっぱ」という商品が設定されています。

お、やっぱりぺんぎん?はかっぱだったのか……と思ってしまいますが、公式ツイッターをよく読むと、こんな風に書かれていました。

商品だけ見ると「ぺんぎん?はかっぱ」と断言しているように思ってしまいますが、商品説明ではちょっと違います。

『ぺんぎん?の「昔こんな感じだった姿」』と説明されていますね。

ということは……ぺんぎん?の妄想の中の世界かもしれません。

花なまこ。
夢は夢のまま、てことやね。

すみっコの公式な発表は、あくまでもぺんぎん?は「自分がなにものかさがす日々を送っている」というところからブレていません。

お皿をのせた姿のぬいぐるみを販売する際も「あくまでもぺんぎん?の妄想の世界の中の姿」と位置づけているようです。

すみっコぐらしの中での「ぺんぎん?」の立ち位置は?

書籍『すみっコぐらし大図鑑』
これ1冊あるとすみっコに詳しくなれます

すみっコぐらしといえば、すみっこが好きな仲間たちが、子どもだけでなく大人も楽しめるストーリーを展開する……というのが特徴です。

ぺんぎん?と設定が似ているのは「とかげ」です。とかげは、実は恐竜の生き残りであることを隠して暮らしています。ほかにもカタツムリのふりをしているなめくじの「にせつむり」など、二重に設定されたキャラクターが複数います。

恐竜であることを隠している「とかげ」

このように手の込んだ設定だからこそ、なぜか大人も引き込まれてしまう! という魅力があるのかなと思います。

とすると、ぺんぎん?も「正体はかっぱだった!」と断定せず、あくまで「かっぱだったかもしれないぺんぎん?が自分さがしをしている」という設定を楽しんだ方がいいのかなと思っています。

花なまこ。
他にも、食べ残された脂身のとんかつとか、全体的にうっすら闇を感じる設定が魅力のひとつやで。

ぺんぎん?以外にも、食べ残された脂身部分のとんかつ、えびふらいのしっぽ、北からにげてきたしろくま……などなど、自分のもつコンプレックスと共感してしまうキャラクターが多数。うっかり和んでしまうのは、そのせいかもしれません。

-キャラクター図鑑
-,